山口安 新着ニュース

半自閉式引戸クローザー(戸車連結タイプ)YU-50-(L/H)ググッとブレーキ、スーッと自閉。掘込加工不要の戸車連結タイプ新登場!

 

引戸クローザー YU-50-(L/H) は、独自に開発したブレーキ&クローズ機構を採用。
安全でスムーズな半自閉式引戸クローザーです。

GI-023-270V_V
GI-023-270L

引戸クローザー YU-50 の特徴

弊社独自開発のブレーキ&クローズ機構により、扉を減速してから自閉を開始。 ※1
開放時の初動荷重は、約0.8〜2kg (例:扉重量15kgで扉開放に要する初動荷重=約0.9kg ※2)
自閉総ストローク量は、約120mm (ブレーキによる制止後のストロークは約10〜90mm ※3)
上吊戸車 YU-50-1 との連結によって 静かでスムーズな開閉を実現
自閉機構は上吊戸車 YU-50-1 と連結されるので、扉への加工が不要
扉重量はLタイプ/Hタイプの使い分けで、12〜35kgまで対応可能 ※4
開閉試験20万回クリア済み(弊社試験機にて実施)

※1 本装置のブレーキは、あくまでも扉を一時減速するためのサポート機構です。限度を超える勢いで閉めた扉には対応できません。また、無理な開閉は、装置や扉に過度の負担がかかり、破損または故障の原因となりますので十分にご注意ください。
※2 レールの傾斜や扉重量等の諸条件により、初動荷重が表記より前後する場合があります。
※3 扉重量や閉める速度、レールの傾斜等により制動距離が変化するため、引き込みストロークも変化します。
また、上枠が戸尻側に向かって下がっている(扉を開く方向に力が作用している)と、扉を閉め切れない場合があります。
※4 対応する扉重量は、Lタイプ(中・軽量扉用)が、約12kg〜約25kg。Hタイプ(重量扉用)が約25kg〜約35kgです。
また、自閉扉の場合は、上記範疇に当てはまらない場合がありますので、弊社営業部までご相談ください。

・装置およびレール内への潤滑油(シリコン、グリス等)の塗布・スプレーは厳禁です。正常に作動しなくなります。
・上記要因を含め、無理な操作や施工不良、施工後の周囲部材(扉枠等)の歪みによる装置の破損や故障について、弊社は一切の責任を負いかねます。
・仕様・デザイン等は、予告なく変更する場合がありますので、ご了承ください。

 
◆◇ソフトクローザー部品仕様表◇◆


▲このページのトップにもどる

HOME